2018年4月度 新入荷・再入荷のご案内 -その6-

MIYASAKA・純米吟醸(長野) 

720ml 1,404円

1.8L 2,808円

7号酵母発祥の蔵真澄より流通限定商品のご案内です。自社商品の中で唯一オール7号酵母で仕込まれ、地元長野県産の美山錦を使用しています。やや控えめな吟醸香、クリアな酸味が7号の特徴を表していて、綺麗に仕上がっています。ずっと飲んでいられる酒質で、どのようなタイプのお料理にも合わせられるオールラウンドな食中酒でもあります。

醸し人九平次・純米大吟醸 黒田庄に生まれて(愛知)

720ml 2,495円

蔵人自らが兵庫県黒田庄町にて栽培した山田錦で醸されています。ラベルに刻まれた数字【35.039,135.034】は、お米が生まれた場所へご案内します。この数字を使えば、Google mapを使ってお米が栽培された地区を上空からご覧いただけます。

1,まずGoogle mapを開きます。

2,右上に表示画面切り替えがあり地図か航空写真を選べますので、航空写真を選択してください。

3,検索欄に 35.039,135.034 を入力し、検索してください。 土にこだわった九平次です。是非お楽しみください。

 

  •   こだわりの本格焼酎  ●

富乃宝山・黄麹いも25度(鹿児島)

720ml 1,543円

1.8L 3,045円

冬にお湯割り、夏にロックと万能な芋焼酎。二次原料の黄金千貫を丹念に磨き、低温で発酵させました。柑橘系のさわやかな香りを持ち、口当たりはなめらかでキレがあります。

吉兆宝山・黒麹いも25度(鹿児島)

720ml 1,543円

1.8L 3,045円

黒麹を使用し、一次・二次ともにカメを用いて仕込まれている。ボディがしっかりしていて、甘い香りと深い味わいを持つ。お湯割りにすると最高です。富乃宝山に比べ味が濃厚なタイプ。

宝山・天使の誘惑秘蔵酒 いも40度(鹿児島)

720ml 3,343円

芋の可能性を、熟成という方向へひろげた一本。長い月日が造り上げた重厚な味わいと熟成香は、通常の芋焼酎とは一線を画すイメージ。後から静かに芋の旨味が浮かび上がります。

霞千本桜・芋(宮崎)

1.8L 2,600円

麦焼酎で有名な柳田酒造が芋焼酎を復活させて3年になります。毎年レベルアップしておりまして今回は春限定いも焼酎霞千本桜です。麹米に宮崎産の山田錦を使用しています。

白天宝山・ いも25度(鹿児島)

1.8L 3,045円

白麹を用い、手造りで丹精込めて芋の持ち味に磨きをかけています。芋ならではの甘さを感じさせるふくよかな香りを持ち、柔らかい味わいと豊かな余韻を楽しめます。

和りきゅうる

《飲み方いろいろ「ロック」「ソーダ割り」「お湯割り」》

雨後の月・にごり梅酒(広島)

720ml 1,620円

1.8L 3,240円

和歌山県産南高梅100%使用。完熟した3L以上の南高梅は全て手摘みです。その大切な梅を、雨後の月の辛口純米に漬けて梅酒を造ります。とろりと甘酸っぱい飲みごたえのある梅酒です。

 

鶴梅・柚子

720㍉ 1566円

1,8㍑ 3132円

とれたての柚子(和歌山県産)を使用した柚子酒です。柚子ならではの酸味と香りが濃厚です。度数は7.5度ですがお酒を感じさせません。風味を殺さないため手詰め、瓶燗で大事に仕上げました。

鶴梅・完熟

720㍉ 1080円

1,8㍑ 2160円

日本酒と醸造用アルコールをベースに造った完熟梅酒です。アルコール度数は10.5度です。甘味が強く非常に飲みやすいフルーティな味に仕上がっています。

鶴梅・すっぱい

720㍉ 1296円

1,8㍑ 2592円

今年一番いいできであった和歌山県産南高完熟梅を普段使用する3倍の量で仕込んでいます。日本酒を使用すると日本酒の香りがきつくなったりしますが、梅の力が負けてないため非常に香りも良い梅酒に仕上がってます。酸度の数値を計測したところ、普通の梅酒の2倍強あり、この名前になりました。無濾過出荷。

田酒・あまさけ(青森)

180ml 300円

750ml 870円

甘酒ブームですが、田酒のあまさけが発売いています。麹のみで造られた甘酒ではなく田酒の酒粕も入っています。味わいは通常の甘酒のように甘みがありますがやや甘さは抑えられていて飲みやすいあまさけです。